防水工事の豆知識

防水工事費用|工法の種類や耐久年数、メリットデメリットを徹底解説

防水工事費用|工法の種類や耐久年数、メリットデメリットを徹底解説

あなたのご自宅は十分な防水対策ができていますか。もし自信を持って「はい」と答えられないなら、一度防水工事をおこなうことを検討してみてください。なぜなら、防水工事を早めにおこなわないと、雨漏りや建物の寿命を短くしてしまうなどの大きな問題へ発展する可能性があるからです。

今回、このコラムで防水工事の費用や種類とそれぞれのメリットデメリットについて詳しく解説していきます。「ご自宅の防水対策に不安がある」「防水工事をしようと考えている」ということでしたら、一度業者に相談してみてはいかかでしょうか。

【防水工事費用】工法によって価格・相場は違う

さて、ご自宅の防水工事をしようと思ってもやはり工事費用や相場は気になりますよね。

結論からいうと、防水工事の相場は1平方メートルあたりおよそ8,000~12,000円程になります。ただし、工法や屋根の状態等よって価格が異なる場合があるのです。そのため、ここでは各工法の価格や相場について解説していきます。

4つの工法と費用相場

屋根の防水工事は、下記の4つに分けることができます。それでは、それぞれの特徴と費用相場を見ていきましょう。

・FRP防水

一般的に施工されていて、軽量で耐久性と耐水性があるのがこの工事です。費用相場は1平方メートルあたり5,000円~7,500円ほどです。

・アスファルト防水

やや費用はかかりますが、耐用年数が長く、耐久性も高いのがこの工事です。費用相場は1平方メートルあたり5,500円~8,500円ほどです。

・ウレタン防水

こちらも一般的に施工されているもので、よく補修工事の際に選ばれる工事です。費用相場は1平方メートルあたり4,500円~7,500円ほどです。

・シート防水

塩化ビニール樹脂製の防水シートを取り付ける施工で、比較的に安価で人気の施工のひとつです。費用相場は4,000円~7,500円ほどです。

屋根の状態によって費用は違う!

防水工事の費用が確定する要因は材料費、工法などに加えて、屋根の状態によっても変動します。たとえば、屋上やバルコニーの下地部分は、長い間メンテナンスをしていないと劣化してしまいます。

そのため、凹凸を取り除いたり、雨水が流れていくように傾斜をつけたりする工程が必要になる場合があるのです。

また、防水工事をする際には、保証の有無も関わってきます。防水効果を目安として一般的に保証期間は、10年となっています。保証が適応されるかどうかによっても費用が変わってくるので、施工を依頼する業者とあらかじめ相談するとよいです。

個人で防水工事をやるリスク

防水工事は、塗装業者や工務店では請け負っていないことが多く、防水業者の中でも工法によって得手不得手があるほど専門性の高い分野です。

さらに、施工がうまくいかなかった場合、雨漏りを起こしやすくなり、かえって建物に対して悪影響を与えてしまうおそれが高くなってしまうのです。また、DIYで工事をして雨漏りをした場合、保証が受けられなくなるというリスクもあります。

工法ごとの利点、注意点や耐久年数の違い

工法ごとの利点、注意点や耐久年数の違い

各工法には、メリットデメリットがあり、それぞれに注意するべき点があります。ここでは、各工法の特徴について解説していきます。

FRP防水は耐水に優れる

FRP防水は、耐水性に優れた工法であるといえます。ガラス繊維で補強されたプラスチックが工材として使われているので、軽量で耐久性・耐水性がともに優れているのです。

また、木材のように腐食することがないというメリットもあります。しかし、素材の性質上伸縮性がないため、劣化した際にひび割れを起こしやすいというデメリットもあります。

アスファルト防水は耐久年数が長い

アスファルト防水は、防水シートで防水の層を作り、その上からコンクリートで固めて防水をするという工法です。素材にアスファルトを使っているため強度が高く、耐久性に優れていて、耐用年数も10年~20年と非常に長いのが特徴です。

ビルやマンションの屋上などの施工に向いている一方で、重量があるため木造住宅やアパートには向いていません。

ウレタン防水は費用が安い

ウレタン防水は、ほかの防水工事と比べて安価で施工できるというメリットがあります。液体のウレタンを塗膜する工法なので、耐久性を維持するためには定期的に塗り替えなどのメンテナンスを必要としますが、低コストで施工したいときにオススメの工法です。

シート防水は工事期間が短い

シート防水工事には、比較的安価なゴムシート防水や、耐久性と施工性が高い塩ビシート防水などの種類があります。この工法は、安価で施工性が高いというメリットがあるため、工期を短くしたい方や、安価で工事をおこないたい方に向いていると言えるでしょう。

しかし、工事にシート状の素材を用いるため、複雑な形の場所の防水には向かないことや、施工の精度によって水漏れをしたり、張り替えが必要になったりすることがあります。このようなデメリットがあるため、実績のある業者に依頼するのが安心です。

防水工事をやらずに放置!どんなリスクがあるの?

防水工事は、費用が高額なことからすぐに取り掛かるのは難しいかもしれません。しかし、自宅を今のまま放置するのは、リスクをともなう場合があります。

工事をおこなわないリスク

防水工事をおこなっていない家屋は、雨水が室内やベランダに浸透して家の木造部分の腐食や強度の低下などを引き起こす場合があります。これは結果として、家屋の寿命を縮めてしまうことにつながります。

防水工事をおこなう時期

ベランダや屋根といった雨水を受ける場所の防水層が劣化していると気づいたタイミングで工事をおこないましょう。防水層の膨れ、コンクリートのひび割れなどが劣化のサインです。また、屋上などに生えている雑草を無理に引き抜くと防水層が破損するおそれがあるので注意しましょう。

さらに、排水溝が詰まって水たまりができている状態も雨漏りの原因になるので、これらの状態を発見したときは業者に相談することをオススメします。

工事は信頼できる業者に依頼しよう!

工事は信頼できる業者に依頼しよう!

防水工事は、非常に専門性の高い工事であるため業者に依頼する際にも、注意が必要になります。実績があり信頼のできる業者に依頼するのが安心といえるでしょう。

いくつかの業者に相談してみる

業者を選ぶ際には、複数の業者に相談しましょう。複数の業者に見積もりを出してもらうことで、工事の費用相場がわかるので、1社にこだわらず複数の業者を比較するとよいです。              

                    

業者選びの注意点

防水工事を依頼する理由はさまざまですが、自分に都合のいい条件を提示されたからといってすぐに決めてしまうのは危険です。ここでは、業者を選ぶ際に、注意する点をご紹介します。

<1>価格相場を大きく下回る価格の業者

中には、極端に安い価格で、工程を省いて施工する業者もいます。防水工事費用は、施工費や規定量の材料費などが含まれた合計金額になりますので、それなりの金額になるのは自然なことです。

そのため、あまりにも相場を下回るようであれば、工事の見積り内容を再度確認するなどの対策をとりましょう。

<2>工事の契約を急かす業者

工事見積り書の到着から、工事契約を急かす業者には注意しましょう。早く契約をさせることでほかの業者との比較をしてほしくないのかもしれません。そういった場合でも、焦らずほかの業者と比較し信頼できる業者に依頼しましょう。

業者選びのポイントは3つ

業者を選ぶときは、3つのポイントがあります。

1つ目は、無料相談が可能なところがよいです。防水工事は、専門性が高い上に費用も高額なため、プロの意見を参考にすることが大切だからです。

2つ目は、アフターフォローや保証が付いているところを選びましょう。防水工事の保証期間はおよそ10年ほどです。この保証の有無で、施工料金が変わってくることもあるので業者とはあらかじめ相談しましょう。

3つ目は、工事見積り書をわかりやすく出してくれて、質問にも答えてくれる業者がよいです。高額な工事となるので納得して施工してもらうために不明瞭な部分はなくしてから依頼しましょう。

まとめ

大雨は、家屋にも被害を与えます。防水工事をしていないご自宅では、木造部分の腐食や雨漏りが起きて建物の寿命が縮んでしまうこともあります。そうならないためにも防水工事は求められているのです。

一口に防水工事とは言っても「アスファルト防水」「シート防水」「ウレタン防水」「F RP 防水」の4種類があります。これらは、それぞれにメリット・デメリットがあります。工事をする場所や目的、防水性能に応じてどの工法を選ぶかを決めていきましょう。

業者を選ぶときは、複数の業者を比較して自分の目的に合った業者に依頼しましょう。よい業者の特徴としては、「無料相談をおこなってくれる」「保証が付いてくる」などが挙げられます。

これらの、ポイントに注意して防水工事を施すことで快適なマイホームと長く過ごしていきましょう。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!