防水工事の豆知識

ベランダの防水工事とは?工法の種類や必要性をご紹介

ベランダの防水工事とは?工法の種類や必要性をご紹介

 

ベランダには防水工事が必要であるということはご存じでしょうか?普段あまり意識している方は少ないかと思いますが、ベランダも防水する必要があります。一度ベランダをじっくり観察してみましょう。「表面にひび割れや隙間がある」「雑草が生えている」ということはないでしょうか?このような問題がある場合、建物全体に悪影響を及ぼしている可能性が考えられるため、早急な対策が必要になります。今回は防水工事の大切さと工事の種類、適切なタイミングについてご紹介します。

 

 

 

ベランダを防水工事する必要性

ベランダやバルコニーは雨風や太陽光に常にさらされています。そのため、建物の築年数の経過、環境や利用の仕方、手入れ状況によって劣化が侵攻します。ベランダの防水効果が弱まったり亀裂が入っている場合、外壁と同様に建物内部に水分が侵入するきっかけになってしまいます。

 

建物内部になる断熱材などが水分を含んでしまうとカビの原因になるうえ、湿度が上がるため柱の強度にも影響を及ぼしてしまいます。木造建築の場合は耐久性を下げてしまう原因になってしまうほか、害虫の住みやすい環境・侵入経路となってしまいます。

 

自宅などの建物は長年大切にしていきたいものです。水の侵入は建物の劣化を促してしまうため、水対策が必要です。ベランダにタイルやコンクリートを使用している場合は水が侵入しやすいため、防水対策を行っておくと安心できます。

 

 

ベランダの補修工事に適したタイミングは?

ベランダの補修工事に適したタイミングは?

 

防水対策はどのようなタイミングに行えば良いのでしょうか?

 

  • ヒビが入ってきている
  • 塗装の劣化
  • 植物、藻が生えてきている
  • ベランダに水が溜まる、流れていかない
  • ベランダ部分からの水漏れ
  •  

    この様なタイミングが該当するのであればベランダの補修タイミングとして適切です。ヒビや亀裂が生じていたり、塗装の剥がれ、浮き、色あせが生じている場合は防水効果が低下しています。植物が繁殖している場合は、水が何らかの要因で溜まってしまったか、ベランダから直接生えてきてしまっている可能性があります。駐車場など、時々アスファルトから生えている草木がありますが、草木の根は非常に丈夫なためコンクリートのわずかな隙間をぬって成長されてしまうと、建物の劣化を早めてしまいかねません。

     

    建物の水はけがよくない場合、排水口までの傾斜がないことや防水効果が低下している可能性があります。もし勾配が少なかったり、ない場合は設計上・施工上の問題である可能性があるので、施工業者に問い合わせをすると良いでしょう。ベランダ自体から雨漏りなどが発生している場合、ベランダの劣化が深刻な状態になっていることもあり、劣化箇所によっては建物全体に悪影響を及ぼしているかもしれません。素人目で判断するのは難しいため、プロに相談して確認してもらいましょう。

     

     

    ベランダ防水工事の種類は様々

    ●ウレタン防水

    ウレタン防水は液状になっているウレタン樹脂を塗り、乾燥させる工法です。固まると弾力性のある感触になるほか、液状であるためどのような場所にでも適用可能で施工時間も短く、つなぎ目もできないので高い防水能力を期待できます。施工場所はベランダだけにとどまらず、廊下や屋上などにも使用されます。その一方で、下地として使用するものによってヒビが発生し、太陽光などによって劣化しやすいです。耐久年数はおよそ5年程度で、10年ほどで下地の張り替え工事が必要になります。

     

    ●FRP防水

    FRPとは、繊維強化プラスチックの英単語の頭文字を取った略称で、浴槽やボートに使用されているプラスチックで、衝撃に強く防水に優れています。プラスチックの上にポリエステルやウレタンを使用したトップコート塗料を塗り、太陽鉱の紫外線に直接当たるのを防ぎます。

     

    ウレタン防水同様に様々な形状に対応できるほか、軽量かつ摩耗や耐久に優れています。最近の新築住宅の施工方法は主にFRPが取り入れられています。FRPはゆがみなどに弱く、下地との素材の違いによって亀裂が入りやすくなります。トップコートの耐久年数は5年程度なので、プラスチックの劣化を防ぐためにも様子を見ながらトップコートの塗り直しが必要です。

     

     

    ●シートを敷いて防水

    シートをベランダに敷いて防水します。施工が容易に行えます。施工箇所が広範囲ほど費用を抑えやすいですが、シートタイプ特有の欠点である狭所の施工が難しいという問題があります。また凹凸がある場所だとシートに隙間ができてしまうので、防水効果が低下してしまいます。屋上や大型施設などの広範囲の施工に向いている素材といえるでしょう。

     

    ・合成ゴムシート

    加硫ゴム系と非加硫ゴム系の2種類に分類できる、ゴムの特徴である伸縮を利用して強度を上げたシートです。比較的軽量なので、建物やベランダに負荷をかけずに施工することができます。また仕上げに塗装を行います。

     

    ・塩ビシート

    塩化ビニール樹脂を主に使用して作られたシートです。1層のみのシートと何枚もの層が積み重なって作られたシートの2タイプあります。種類も豊富にあるので使用場所によって選ぶ必要があります。

     

    ・アスファルト防水

    合成繊維不織物にアスファルトを含ませ、シートを何層も重ねる工程を行います。昔からある方法で耐久年数が長く、屋上などの施工に適しています。その一方でアスファルト特有の臭いがきつく、施工費が高くなりがちです。

     

     

    業者を選ぶ際の注意点

    業者を選ぶ際の注意点

     

    業者に施工を依頼する場合は、注意すべき点がいくつかあります。ベランダの施工方法は多岐に渡るため、建物に適切な方法で防水する必要があります。また、施工場所や形状によって難易度も変化するので、価格も大きく変わります。一度見積りをおこなってもらい、どの施工が良いか意見を聞いてから適切な方法で建物を守るようにしましょう。

     

    また、1社からのみ見積りをおこなうのではなく、必ず複数の業者から見積りを行うことが大切です。1社だけだと見積書の比較ができないため、不透明な個所があっても気づきにくく、損やトラブルに繋がりかねません。

     

     

    まとめ

    ベランダは屋根や外壁と同様にメンテナンスが必要不可欠です。定期的にチェックをして補修を行うことで建物全体の劣化を防ぎます。防水施工の耐久年数はおよそ5年からとなっているので、5年を目安に「亀裂や浮きがないか」「不具合が生じていないか」確認してみましょう。施工方法は大きく分けて3種類あります。それぞれ特徴が異なるため、施工する建物にとって最適なものを選ぶようにしましょう。

     

    0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!