防水工事の豆知識

雨漏り修理との違い

防水工事と雨漏り修理、実際に同じ作業と思っている方も少なくないでしょう。実はそれぞれに違いがありますので、雨漏りの修理をするのか?防水工事をするのか?によって、業者の選び方も違ってくるのです。

雨漏り修理はすでに雨漏りが起きている屋根や外壁を修理する作業になります。そのため屋根内部の構造や補修をするための技術や知識が必要になります。
逆に防水工事の場合、屋根などに防水層を作るのが主な業務となりますので、塗料やシートの張り方といった技術を必要とします。

昔から餅は餅屋といいますが、それぞれ作業内容や必要な知識も違いますので、業者に依頼する前に、防水工事をしたいのか雨漏り修理をしたいのか明確にしておくのがおすすめです。もちろん、状況によっては両方が必要になることもありますが、その辺についてもあらかじめ相談しておけば有効な対策も見つかるでしょう。

他にも屋根の葺き替えや瓦の張り替えなど屋根にまつわる作業はたくさんありますが、数ある作業の中で、防水工事をお願いしたいということであれば当サイトをご利用ください。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!