防水工事の豆知識

雨漏りしやすい屋根

ぽたぽたと屋根から落ちてくる雨漏り。放っておくとカビが発生したり、建物の寿命を縮めたりしてしまいます。中には雨漏りが原因で漏電火災が起きてしまったというケースもあるようです。そんな一歩間違えれば大惨事に繋がる雨漏り、できることなら未然に防ぎたいものです。
ではいったい、どのような屋根が雨漏りしやすいのでしょうか。スタイリッシュで人気の高い睦屋根もそのひとつです。一般的な屋根に比べて陸屋根は軒が少なく造られるケースが多いため振付ける雨の影響をもろに受けてしまいやすいです。また、傾斜のないデザインも雨漏り発生時には悪条件となることも考えられます。平坦になっている屋根に雨水がたまり、プールのようになってしまっている状態。これでは、雨水が染み込みやすくなってしまう恐れがあります。
複雑な寄棟も雨漏りのリスクが高いです。複雑にすればするほど、屋根同士の継ぎ目が多くなり、雨水が侵入する隙間ができやすいです。一般的にオシャレと雨漏り対策の両立は難しいようです。ですが、オシャレな屋根が雨漏りするかといえば、そうではありません。きちんと対策することで、雨漏りが防げる可能性があります。
屋根の防水工事は有効な対策のひとつです。屋根の劣化が始まってしまう前に、一度防水工事のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!