防水工事の豆知識

雨漏りしやすいデザインに注意

新築の戸建住宅、ずっと綺麗に使いたいですよね。しかしながら、デザインにこだわった住宅では、わずか数年で雨漏りが発生してしまう場合もあるようです。
雨漏りしやすいポイントはいくつかありますが、一番多い個所は屋根と言えるでしょう。屋根はそのお家の雰囲気に大きく影響しますので、特徴がある屋根も珍しくありませんが、不規則なデザインは、負荷が大きくかかる場合や、施工のミスを誘発する場合があります。
また、デザイナーズハウスに多くみられる片流れ屋根は雨が伝う距離が長くなるので、劣化が早まり雨漏りを起こしやすいようです。短い軒先やひさしのデザインにも要注意です。小雨の場合でも外壁が濡れてしまい、防水機能の劣化を早めることになってしまいます。
また、デザイン重視のため、外壁へシーリング材などの防水加工に頼った施工を行ったお家は、特定の条件下では劣化が早まる場合もあるそうです。
こういった建物すべてが雨漏りしてしまうというわけではありませんが、比較的危険性が高いということで、新しく住宅を建てる方は業者さんに詳しく話を聞いたほうがいいかもしれません。また、すでに建てた方でも、自身の家と類似するデザインを見つけた場合は一度点検をしてみましょう。
お家の防水機能に少しでも不安がある場合は、お気軽に当サイトへご相談ください。防水工事のプロが解消してくれます。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!