防水工事の豆知識

陸屋根の防水工事

最近のデザイン性が高い戸建住宅やマンションなどでは、昔からある三角屋根が使われず、陸屋根が使われていることがあります。陸屋根の利点として屋上スペースを活用し、屋上菜園などをつくることができたり、居住空間を広くとることができるなどがありますが、今回注目したいのは屋根の防水がしやすいことです。
三角屋根に比べて足場が平らなため作業がしやすいのはもちろんのこと、防水工事もさまざまな方法があります。防水塗料を塗る工法の塗膜防水や、防水シートを貼る工法のシート防水、そしてその2つを合わせたアスファルト防水などがあります。防水の耐久年数は建物の環境や使用したものによって変わりますが、大体10年でアスファルト防水は20年と言われています。
しかし陸屋根の使い方によっては屋根の一部だけ防水材が取れてしまい、防水機能が落ちてしまうことがあるかもしれません。その一部のためだけに全面を防水工事するのはもったいないとおもいます。そのようなときにおすすめなのが、小規模の防水工事法であるコーキング防水です。コーキング防水はほかの工法と比べ時間もあまりかからないので、一部だけ傷んでしまい雨漏りしてしまったときなどにも使用されます。
このようにさまざまな防水工事の中からご自身の陸屋根使用用途に合わせた防水工事を選ぶことも重要だと思います。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!