防水工事の豆知識

降水量が多くなり始めて、初めて気がつく防水の傷み

豪雪地帯でもない限り、日本は冬場の降水量は少なくなる傾向があります。しかし、これからの季節は梅雨に向かって降水量が増えていく季節ですし、半年ほど刷れば台風が接近する頻度も高くなります。
冬の間に傷んだ防水は、雨が降って初めてそのことに気がつくことも多いです。
僅かな雨でも、防水層に亀裂や裂け目、穴が開いていると少しずつ建物の中に染み込み、様々な影響を与えますので、できるだけ防水層の傷みは早めに直しておくのが良いとされています。
防水の傷みは、雨漏りなどを引き起こすとともに、それが更に他のトラブルの原因になってしまいます。例えば、雨漏りによりいつも室内がジメジメしていると、カビが生えやすくなりますし、害虫類も湿度が高いのを好むので、ダニ、ノミ、ゴキブリはもちろん、シロアリやムカデが住み着いてしまうかもしれません。
また、室内側の壁や天井に染み込んだ雨水が、その部分を腐らせてしまうこともあります。
建物にも大きなダメージを与えてしまう雨漏りは、防水層をきちんと健全な状態で保つことで防止することも可能です。
傷みが目立つようなら、早めに当サイトにご相談ください。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!