防水工事の豆知識

防水工事前には高圧洗浄が必要です

防水工事の前に、その場所の洗浄を行っている光景をご覧になったことはないでしょうか。人によっては、「今から防水工事をするのだから、汚れを気にする必要はないのではないか」と思われるかもしれません。確かに、上からシートなり塗装なりをすれば、そこに付いていた汚れは見えなくなってしまいます。しかし洗浄は、防水工事の効果を発揮させるためにも必要なことなのです。

下地がしっかりしていなければ、せっかくの防水工事も効果が弱まります。それを防ぐために洗浄するのですが、そこで用いられるのが高圧洗浄です。高圧洗浄とは、専用の高圧洗浄機を使って勢い良く水を噴射し、汚れを剥がす洗浄方法です。防水工事の現場には大量のホコリやカビが付着している事も多いですが、それも高圧洗浄によって隅々まで綺麗に落とす事ができます。
ただし、注意点もあります。現場の状態によっては、高圧洗浄の水が家の中に侵入してしまうことがあるため、事前に補修箇所などが無いか調べておく必要があります。また、完全に乾いていない状態で防水工事を行えば、蒸発した水分がシートなどをお仕上げ、膨れる原因になってしまいます。そのため高圧洗浄の後は丸一日以上乾燥に費やす事があります。

高圧洗浄は、ただ勢い良く水を吹き付けているだけに見えるかもしれませんが、実は技術を要する作業なのです。高圧洗浄機自体はご家庭でも簡単に購入する事ができますが、あまりむやみに使用すれば水漏れを発生させてしまうかもしれません。防水工事前の高圧洗浄も、防水工事業者に任せるようにしてください。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!