防水工事の豆知識

防水工事をするタイミング

防水工事を行うタイミングはいつなのか、よくわからないかと思います。
この場合、防水層の劣化を確認してみましょう。雨漏りをしている、目地が割れている、または破損している、防水層が膨れている、抑えコンクリートがひび割れている。このような場合は防水工事を行う合図かもしれません。では、なぜこのようなことが起こるとよくないのか、具体的に解説していきましょう。
雨漏りをしてしまうと・・・建物自体をいためてしまいます。至急、防水工事を行う必要があるでしょう。
目地が割れている、また破損していると・・・コンクリートのひび割れを発生させてしまいます。目地はコンクリートのひび割れを防ぐ働きをしています。早急に対応をしなければならないわけではありませんが、劣化の原因になってしまうので早めの対処をお勧めします。
防水層が膨れていると・・・防水層が破損し、水漏れに繋がるかもしれません。早めに対処したほうが良いでしょう。
抑えコンクリートがひび割れていると・・・ひび割れした部分から水が入ってくる可能性があります。建物の劣化につながりますので早めの対処をお勧めします。
いかがでしたか、建物の劣化を防ぐためにしっかり判断し、対処することが大切だと考えられます。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!