防水工事の豆知識

防水工事は春に行うのが良い?

屋外にて施工する防水工事は、その時々の環境が少なからず影響します。わかりやすい例で言えば、大雨や強風の際に防水工事を行うのは難しく、中止されることもあります。
また、天候以外でも季節のことを考える方もいらっしゃいます。よく「防水工事は春か秋が適している」と言われますが、本当にそうなのでしょうか。

実際は、必ずしも春や秋が適しているとはいえないようです。なぜこの季節が良いかと言いますと、夏や冬にシート防水を行った場合、シートの膨張や収縮が激しく、後になって雨漏りしやすくなると言われていたためです。しかし現代の防水シートは簡単には膨張・収縮しませんので、そのような欠点は改善されています。
また、日本は地域によって気候が大きく異なりますので、必ずしも特定の季節が防水工事に適しているとは言えないのです。
防水工事を行うのが遅れますと、徐々に雨漏り被害が進行していきます。そうなればやがて甚大な被害を受けることになってしまいますので、季節に関係なく速やかにご相談されることをおすすめいたします。当サイトの相談窓口は年中無休で稼働していますので、雨漏りが心配な方はいつでもお気軽にご相談ください。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!