防水工事の豆知識

防水の劣化は雨漏りの原因になる場合もあります

ウレタン防水や塩ビシート防水をはじめとする各種防水工事の方法は、それぞれ耐用年数があります。実施兄は耐用年数以上に防水が保たれている場合もあれば、耐用年数以下で劣化が進行することはありますが、いずれにしても、防水の劣化はさけられないことです。
万が一、防水が劣化した状態で放置すると、建物の構造や防水工事をした場所によっては室内への雨漏りが始まります。
防水工事をしたばかりのときは、防水の膜により雨や雪などはそれ以上浸透することはありません。しかし、防水工事から年月が経過して防水膜に亀裂が入ったり、穴が開いてしまうとそこから水が入り込み、室内側に染み出してきます。
そうした時にまず考えるのが、穴や亀裂を塞ぐことですが、工期も短く費用もかからない反面、他の箇所で同じように穴が開けば同じことを何度でも繰り返し行わなければいけないので、今後のコストが嵩むことが考えられます。そもそも、同じ時に防水工事を行なった箇所で一箇所でも雨漏りが始まっているのなら、応急処置では先が見えているということにもなります。
すでに防水工事を行なってから10年以上経過しているところでは、FRP防水やウレタン防水、塩ビシート防水の耐用年数が切れ始める頃です。もっと耐用年数が長いアスファルト防水でも、20年以上経過している場合は、早めに防水工事を再度行なうことをお勧めいたします。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!