防水工事の豆知識

美観維持のためにもご利用ください

防水工事は、名前の通り屋根や通路などの雨漏りを防止するために必要不可欠な工事ですが、同時に美観を整えるのにも一役買っています。
防水層の塗膜が剥がれたり、アスファルト防水層などが傷んでいると施設が古びて見えますし、ウレタン防水シートなどが剥がれた場所に水たまりができたり、足を取られたりと実用上でもあまり良いものではありません。
こういう破損箇所を、応急処置だけでなんとかしようとすることもあるでしょう。しかし、ツギハギだらけの防水層は、あくまでもその場しのぎのものでしかありません。
建物の寿命を左右するかもしれない防水工事ですから、傷んでぼろぼろになる前に定期的に張替えをされることをおすすめします。
こういうものはすべて剥がして除去した上で、新たに防水工事を行うほうが、綺麗になるだけでなく、防水性能も良い場合がほとんどだそうです。
これまで応急処置ばかりできちんとした修復をしてこなかった場所も、これから防水工事の再工事を依頼しようとご検討中の方も、その点は覚えおておくと良いかもしれません。
防水工事についてのお困りごとは当サイトまでお気軽にご相談ください。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!