防水工事の豆知識

歴史が長く、信頼性の高いアスファルト防水

防水工事の中でも歴史が長く信頼性の高い工法が、アスファルト防水です。合成繊維不織布にアスファルトを含ませることで作成した、シート状のルーフィングを重ねあわせて防水層を形成する方法です。アスファルトを染み込ませているので防水性能を高く保ち、コストを抑えることができます。
アスファルト防水はより細かく3つの工法に分けることができます。熱工法は、アスファルトを溶融釜で熱しながらルーフィングシートを交互に積層して行い、トーチ法はシートの裏面と下地をバーナーで溶かしながら貼り付ける工法です。他にも、常温のまま行える冷工法と呼ばれるものがあります。ゴムアスファルトの粘着材の力で貼り付けるため、熱する必要がありません。
アスファルト防水は、高熱で溶かしながら施工をする必要があるため、工事中に臭いが発生します。またアスファルトに紫外線が当たると硬化して劣化してしまうため、上に保護用のモルタルを貼ることが多くなっています。屋根が重たくなってしまうため、木造住宅には向いていないと言えます。保護モルタルでコーティングすれば、他の工法よりも耐用年数が長いため、メンテナンスにかかる維持費を抑えることができるというメリットがあります。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!