防水工事の豆知識

最もメジャーな防水工法

生きていくためには欠かせない水ですが、建築物にとっては劣化を早める天敵でもあります。そのため、防水工事は必須となっています。その防水工事ですが、シート防水やFRP防水など様々な工法があります。もちろんそれぞれに一長一短があり、施工する場所やご予算などによってどの工法を選択するのか考える事になります。ここでは、その中でも最も採用されている「ウレタン防水」についてご紹介いたします。
ウレタン防水は、国内では約半数を占める防水工法です。工法の中では安価で、かつ塗り重ねが可能なため人気の高い工法となっています。施工の際には、液体状のウレタン樹脂を塗りつけます。それが化学反応によって硬化しますと、ゴム状の防水膜が出来上がります。ウレタン工法の中でも密着工法と通気緩衝工法の二種類がありますが、前者は水蒸気によって内部から膨れて破断してしまうリスクがあります。多少コストはかさみますが、後者の工法を選択したほうが信頼度は高いでしょう。
ウレタン防水は人気の高い工法ですが、紫外線や熱による劣化が早いという弱点もあります。また、人気の高さから技術を持たない業者が施工を行うケースも報告されています。ウレタン防水も完璧ではありませんので、信頼できる業者の方に施工をご依頼ください。まずは、当サイトからご相談してみてはいかがでしょうか。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!