防水工事の豆知識

新築の住宅でも防水にご注意を

古くなった建築物は、経年劣化によって多くの箇所が傷むようになります。もしも外壁の塗装や、屋根材の破損が進行しますと雨漏りが発生します。そのため、築年数の経った建築物は防水工事が必要になるのです。しかし、雨漏りが発生するのは何も古い建築物ばかりではありません。新築の建築物でも、何年も経たないうちに雨漏りが発生する事があるのです。しかし、どうしてそのようなことが起きるのでしょうか。
例えば、現代は陸屋根の建築物が増えています。陸屋根は屋根が平らになっているため、従来の三角屋根などと比べると雨水が溜まりやすい構造になっています。もちろん防水対策は行っていますが、それでも雨漏りのリスクが高い事は変わりません。
また、太陽光パネルを設置している場合も要注意です。太陽光パネルの設置方法によっては、屋根材が傷んでいることがあります。設置業者の技術にも寄りますが、実際にパネルを設置している方からのご依頼も多く報告されています。
このような建築物は、他の建築物より雨漏りに対して真剣に考えるべきでしょう。しかし、その対策は素人の方が行えるようなものではありません。安心できる生活を手に入れるために、防水については当サイトよりご相談ください。防水のプロが、その場に適した防水工事をさせていただきます。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!