防水工事の豆知識

塩ビシート防水は安価なコストでメンテナンス可能です

防水工事の方法の中には、塩化ビニール系シート防水があります。塩ビシート防水と略されることもありますが、塩化ビニール樹脂を主原料として防水層を形成する工法のことを指します。合成ゴム系シート防水と同様に、接着や機械的固定工法で施工され、最適な施工を行えば雨漏りの発生確率を少なくすることが出来る信頼性の高い工法です。塩ビシート防水の最大の長所としては、保護層なしでも軽歩行が可能ということと、仕上げ塗装が不要という2点が挙がります。施工自体も安易に行うことができ、耐用年数にも優れているため建物を長く、健康的に維持させるためには適している工法と言えます。ただ、シートが薄いため衝撃に弱く、他の工法よりも施工費用を抑えることが難しいというデメリットがあります。ウレタン防水は複雑な形状の施工部位でも対応出来ますが、塩ビシート防水は複雑な施工部位には施工が困難とされているため、施工をお考えの場合はこのようなことも考慮されると良いでしょう。最適な工事を行うためには何より、専門業者と話し合い工事を進められることが最重要です。ご不安がおありでしたら一度防水工事スタッフのアドバイスをお聞きになってみてはいかがでしょうか。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!