防水工事の豆知識

剥がれた部分があったらすぐに修繕が必要です

陸屋根やバルコニー、ベランダなどの防水工事が施されている場所の床面は、定期的にチェックする方が良いとされているようです。これらの床面は、ただのコンクリート面ではなく、塗料が塗り重ねられた他の部分より弱い部分と言えますから、例えば何か固いものを落としたり、あるいは経年劣化を放置しておくと、穴が開いたりヒビが入る事が考えられます。万一、その部分から雨水などが侵入すると、防水層があるのですぐには乾かず、内部に溜まることになってしまいます。
防水層があるのに雨漏りする、というのは、すでに防水層が雨仕舞いが出ていないことになりますから、バルコニーなどの雨仕舞いが壊れたら、すぐに修繕をしておきましょう。
そうは言うものの、防水工事を綺麗に行なうのは難しいもので、適当に防水塗料などを塗ると、雨水などを流すための勾配などが設定されていないので、雨水がその部分で溜まって屋上などに水たまりが出来てしまうことになります。また、水が溜まりっぱなしになるというのはそれだけで雨漏りなどの原因になる場合があります。
これらの防水工事については、早めに防水工事のプロに相談して、再施工してもらうのが屋根、ひいては家屋の寿命を伸ばすことに繋がる場合がありますので、どうぞ当サイトへご相談ください、

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!