防水工事の豆知識

コンクリート防水について

コンクリートは本来水を吸収するものですから、コンクリート面に対して防水処理を行なうことが多いものです。しかし、一部特殊な防水材を混ぜ込んで作られるコンクリートでは、高い水密性を誇るものもあります。
コンクリートだけで防水を行なうことにはいくつかのメリットがありますが、コンクリートのデザインをそのまま活かせるという、デザイン的なメリットもかなり注目されているようです。建物の外壁面など、打ちっぱなしのコンクリートならではのシンプルでモダンの見た目をそのままに、建物の外壁として利用出来るということで、人気がある工法です。
また、従来の防水工法が行いにくい入り組んだ構造の建物などでも、コンクリートさえ流し込んで建物の躯体ができてしまえば、防水工事まで終わってしまうというのも魅力です。
また、ウレタン塗装防水やシート防水工法のように、防水層が剥がれたり穴が開くということが無いので、その部分からの雨漏りを心配する必要もありません。
新しい建物を作る時に、コンクリート防水を行なうこともご検討されてはいかがでしょうか。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!