防水工事の豆知識

ウレタン防水には様々な工法があります

防水工事にはそれぞれ異なる工法がありますが、中でもポピュラーな工法がウレタン塗膜防水です。ウレタン塗膜防水は、液体状のウレタン樹脂を用いて防水膜を形成する工法で、化学反応で硬化します。硬化後は弾力性のある膜になり、継ぎ目の少ない均一な仕上がりになることが特徴です。また、材料は液体状なので複雑な形状をした場所でも違和感のな仕上がりになり、建物にかかる負担も少ないことがこのウレタン塗膜防水のメリットでしょう。また、ウレタン塗膜防水には密着工法や通気緩衝工法など、異なる工法があり、用途によって使い分けることが出来ます。密着工法は、ウレタン防水材を下地に密着させる工法で、工期が短いことが特徴です。ただ、膨れの原因となってしまったり、水分の影響を受けやすいという短所もあります。一方、通気緩衝工法は、通気緩衝シートを張り付けた後、ウレタン防水材を塗布する工法で、通気性や伸縮性に優れ、雨漏りにも適しています。短所としてはウレタン塗膜防水の膜厚が薄い場合に劣化が進みやすいということが挙げられます。いずれにしても適材適所で、建物にマッチした工法を選ばれることが賢明でしょう。信頼性の高い工法ですが、しっかりとした業者に施工してもらう必要があります。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!