防水工事の豆知識

かぶせ工法という選択肢

雨漏りの発生は、建築物全体の耐久性を劣化させる恐れがあります。他にもシロアリやカビ、腐朽菌の発生などが懸念されるため、防水工事は必須なのです。そのため、既に防水層が形成されているとは思いますが、それも永久に続くわけではありません。劣化が進んでしまいますと、防水機能が弱くなってしまいます。そのような場合は新たに防水工事を行う必要がありますが、その際に選択肢の一つとなるのが「かぶせ工法」です。
かぶせ工法とは、簡単に言えば既存の防水層の上に、新たな防水層を被せる施工方法の事を言います。下処理は必要ですが、既存の防水層をそのまま活かせるため、高い防水効果を発揮します。また、防水層を剥ぎ取る作業が必要ないため、工期の短縮や費用の削減、騒音の現象などが期待できるため気軽に防水工事を行う事ができます。ただし、古い防水層の素材と新しい防水層の素材によっては相性が悪い事もありますので、必ずしもすべての防水工事で採用できるわけではありません。
このように、劣化した防水層も有効活用できるケースもあります。防水工事の方法にもよりますが、耐用年数は10~20年ほどとなっています。新築工事・防水工事を行って10年経っていましたら、防水工事の施工をご検討ください。なるべく、雨漏りなどの被害が発生する前に行うようにしましょう。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!