当サイト相談スタッフから

賃貸オーナー様からのご相談もいただいています

物件の防水層が劣化すると、雨漏りが発生する原因になります。雨漏りが発生して、入居者からクレームが来てから対応していては、入居率の低下などが起こり収入にも悪影響を与えてしまいます。賃貸物件の屋根に雑草が生えていたり、コンクリートにヒビ割れが発生しているときは、防水層が劣化し始まっているサインなので、見逃さずにメンテナンスを行うことをおすすめいたします。
賃貸物件のメンテナンスを行うときは、室内に目が行きがちですが、入居者にとってはベランダやバルコニーも大事な生活空間になります。ベランダの床が経年劣化でめくれていたり、排水溝が詰まって水たまりができるようだと、快適な生活は失われ、入居者の満足度が下がってしまいます。また、ベランダにたまった水が室内に侵入してくることもあり、気づかないうちに建物の基礎を腐食させ、耐震強度や寿命を著しく低下させる原因になってしまいます。
そのため、入居者が入れ替わる時には室内だけではなく、ベランダや外壁に異常がないか確認することが大切です。また、階段やエントランスといった共有部分にも劣化が起きますので、定期的に異常がないか確認しておくことも大切です。
建物の劣化速度は、防水工事の施工方法によっても変わってきていますがトラブルが起きる前にはヒビや塗装の剥がれといった現象が起きますので、劣化のサインに気がついた時にはすみやかに対処することおすすめします。
防水工事が必要なときには私たちがお手伝いさせていただきますので、気になることがありましたら、お気軽にご相談下さい。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!