当サイト相談スタッフから

屋根の防水工事は是非ともお任せください

春夏秋冬天候に左右されず、安心して暮らすことが出来なければならない住宅ですが、屋根のメンテナンスが行き届いていなければ雨漏りしてしまう可能性があります。雨漏りが発生してしまえば慌てて修理しなければなりませんが、事前に屋根の防水工事を行っていれば雨水も浸透しませんので、雨漏りも起きませんし、家屋の強度を維持させることが出来ます。ただ、実際施工する際にわからないことが多いので、踏ん切りがつかない方も多いでしょう。また、どのような施工方法が良いのか、工事費用や工期はどれくらいなのか、という事にも不安を持たれずです。一般的な防水工法に液体状の樹脂や合成樹脂を流す工法や、シートを接着、機械的固定する工法などが挙げられます。まず、この段階で住宅に相応しい工法はどれか悩まれるでしょう。それぞれメリットやデメリットがあるので、最適なものを判断されることが大切です。
もし、あなたのご自宅の屋根に適した防水工事をお求めでしたら、私たちまでご相談ください。お客様のご要望やご予算、その他様々なご不安を丁寧にお聞きし、最善なアドバイスをさせていただきます。また、過去に防水工事をされていても油断は禁物です。塗膜が剥離している場合や浮きが見られる場合や、ドレンが錆びている場合などは防水効果を得られていないかもしれません。建物の寿命を延ばすためにも、施工後も定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンス法についてのご質問も、是非お寄せ下さい。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!