当サイト相談スタッフから

ベランダ・バルコニーについてのご相談もいただいています

ベランダやバルコニーは直射日光や雨風にさらされているだけではなく、人が上を日常的に歩くことがあるので、表面が劣化しやすいといえます。ベランダに出た時などに、ヒビ割れを見かけたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ベランダやバルコニーも屋根と同じように、劣化する前に防水工事を行うのが良いでしょう。防水層が劣化すると雨水が下地に侵入し、雨漏りを発生させてしまいます。雨漏りが起こると家の内部が腐食し、建物の寿命を縮めたり耐震強度を弱めることにつながってしまいます。
ベランダやバルコニーは人が歩く場所のため急な勾配を付けることが難しく、壁に囲まれている構造をしていることが多いため、雨水がたまりやすいと言えます。また、雨水は酸性の性質を持っていることがあり、たまっているだけも建材が傷んでしまいます。そのため排水溝にゴミがたまっていないかなど、水はけにも注意をする必要があります。
ベランダやバルコニーの表面のトップコート層やシートが剥がれてしまったり、ふくれたりしているときは、劣化しているサインなので、防水工事を行うのが良いでしょう。またコンクリートの継ぎ目に使われる目地と呼ばれる部分に植物が生えて根をはっている場合がありますが、無理に引き抜くと防水効果を損ねることあるので注意が必要です。
防水工事は工法によって耐用年数が異なってきますが、ビビ割れなど実際の状況をみて防水工事が必要か判断をすることが重要です。ベランダやバルコニーの立地条件によって、適切な工法が異なってきます。防水工事について検討しているけれども、不明な点があるという方はお気軽に私たちまでご相談ください。

0800-805-6241 24時間365日、日本全国受付対応中!